性感染症と妊娠の関係

  • 電話
  • 予約

よくあるご質問

HOME >  よくあるご質問 >  性感染症と妊娠の関係

性感染症と妊娠の関係

Q.22歳の未婚女性です。性感染症にかかると将来妊娠しにくいと聞きました。本当でしょうか?

A.本当です。性感染症は卵管の閉塞や不卵管周囲癒着を起こすことがあり不妊の原因となります。また、流産や新生児への影響もあります。

最近、梅毒、クラミジア、淋菌の感染が(特に若年女性)増加しています。当クリニック不妊外来でさえ、クラミジアや淋菌感染が増えています。

妊娠や流産について知っておきたい知識.jpg妊娠や流産について知っておきたい知識1.jpg

徐クリニック

診療時間

  • 8:45~
    13:30
    16:30~
    19:00
    Χ Χ Χ
  • 休診日…日曜・祝日

    ◎土曜…8:45~15:30

    △土曜…男性不妊外来

  • ※2019年1月より変更になっています。

アクセス

  • 〒662-0822

    西宮市松籟荘10-25
    阪急今津線「甲東園」駅より
    徒歩約3

診療時間

  • 8:45~
    13:30
    16:30~
    19:00
    Χ Χ Χ
  • 休診日…日曜・祝日

    ◎土曜…8:45~15:30

    △土曜…男性不妊外来

  • ※2019年1月より変更になっています。

アクセス

クリニックの特長Movie

徐クリニックARTセンターの特長

施設紹介Movie

施設紹介

初診の流れMovie

初診の流れ

pagetop