タイミング療法・人工授精の一般不妊治療

  • 電話
  • 予約

治療ガイド

HOME > 治療ガイド > 一般不妊治療

タイミング療法

経膣超音波(卵胞の発育を確認する)、尿中LH、頚管粘液の状態などにより、排卵日を予測し、 いつ性交渉をもてば自然妊娠しやすいか、そのタイミングを指導する治療法です。

※両側卵管閉塞などの明らかな不妊原因がない場合が対象です。

※タイミングを取る前に選択的卵管造影検査を行うと効果的です。

妊娠可能期間中の性交渉での妊娠率(年齢別)

● 排卵誘発法

排卵誘発剤とは、自然状態では卵子が育ちにくく排卵が起こりにくい人の卵胞発育と排卵を助ける薬です。
また、通常1個しかできない成熟卵胞を複数個つくり妊娠率を上げる効果があります。
黄体機能の働きが悪い場合にも使用する場合があります。

【飲み薬】…セキソビット、クロミフェンなど
【注 射】…hMG製剤、rhMG製剤

人工授精(AIH)

● 当院で人工授精を適応する場合

  • 頚管粘液の状態が悪い場合(フーナーテストの結果が良くない場合)
  • 精子の濃度、運動率が低い場合
  • 性交渉ができない、あるいは性交渉での射精ができない場合
  • 原因不明の場合(タイミング療法で妊娠しない場合)

● 当院の人工授精の特徴

人工授精の妊娠率は、精子の処理(いかに元気な精子だけを子宮内に注入するか)にかかってきます。
当院では、*密度勾配遠心法により不良精子と細菌・ウイルスの除去を行っています。
この処理によりほぼ元気な精子のみを注入することができます。

密度勾配遠心法とは、精子の成熟段階で細胞密度が変化することを利用し精子を分離する方法です。
精液中では、運動性のよい元気な精子は細胞密度が最も高く、未成熟な精子は細胞密度が低くなります。
また、死滅した精子は細胞膜の透過性が変化し密度が低下します。
細菌・ウイルスは軽いため分離剤を通過することができません。
つまり、運動性のよい元気な精子のみが分離剤を通過することができ、遠心後1番下に集まります。

※上記処理をせずに人工授精を行った場合(精液そのものの注入)感染症を引き起こす可能性が高く大変危険です。

当院の人工授精の特徴

● 当院 人工授精における年齢別妊娠率

人工授精における年齢別妊娠率グラフ

徐クリニック

診療時間

  • 8:45~
    13:30
    15:30~
    17:30
    Χ Χ
  • 休診日…日曜・祝日

    ◎土曜…8:45~15:00

    △土曜…男性不妊外来

アクセス

  • 〒662-0822

    西宮市松籟荘10-25
    阪急今津線「甲東園」駅より
    徒歩約3

診療時間

  • 8:45~
    13:30
    15:30~
    17:30
    Χ Χ
  • 休診日…日曜・祝日

    ◎土曜…8:45~15:00

    △土曜…男性不妊外来

アクセス

  • 〒662-0822

    西宮市松籟荘10-25
    阪急今津線「甲東園」駅より
    徒歩約3

クリニックの特長Movie

徐クリニックARTセンターの特長

施設紹介Movie

施設紹介

初診の流れMovie

初診の流れ

pagetop